電気鍼をするにあたってのオススメする本 5選

おすすめ書籍

こんにちは!鍼灸スキルアップ塾の陣内です。

今回は『電気鍼をするにあたってのオススメする本』について書いていきたいと思います。

 

陣内
陣内

Twitterで結構質問が多いのがこの辺りの質問なんですよね。

私が普段使っている本の一部をご紹介しておきます。

 

電気鍼専門の本ってなかなかなくて色んな本の知識の組み合わせになることが多いです。

でも結局臨床って本で紹介されてることやセミナーの内容そのまんまというより組み合わせて応用していくことが多いです。

電気鍼もそのように考えて行ったほうがいいと思います。

 

 

最新理学療法学講座 物理療法学

created by Rinker
¥5,280(2021/04/19 17:49:21時点 Amazon調べ-詳細)

まず電気鍼をする上で電気治療っていうのはどういうものかを勉強をしたほうが近道になります。

この本はカラーで比較的イラストや絵が多くイメージをつかみやすいと思います。

ただクリップを挟んで電気を流すことから脱却したい方はこの手の本を手にとっていただくといいかなと思います。

販売も最近で知見も新しいのが書かれています。

物理療法に関しては研究も進んでいるので新しい情報をアップデートをしていくのはとても重要です。

 

 

図説筋の機能解剖

created by Rinker
¥4,290(2021/04/19 19:38:55時点 Amazon調べ-詳細)

電気鍼やTENSなどの電気療法をする場合モーターポイントを狙ったほうがいいと聞いたことはないでしょうか!?

 

モーターポイントとは神経が筋腹に侵入する部位および体表からの電気刺激で最も筋収縮が起こりやすい部位と定義されている。
ですがモーターポイントってザックリとした図しかあまりないですよね!?
この本はモーターポイントについて筋肉別に書いていて非常に参考になります。
この辺りの知識を頭に入れておくのも重要です。

運動療法のための 機能解剖学的触診技術 上肢 下肢・体幹

created by Rinker
¥6,270(2021/04/20 05:39:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥6,270(2021/04/19 12:51:16時点 Amazon調べ-詳細)
刺鍼するにあたってしっかり触診ができるのは必須な能力です。
これができなければ電気の知識を得て、モーターポイントの知識を得ても正しく行うことができません。
刺鍼技術もあっても正しく触れなければ何も意味はなさないと思います。
この二冊の本は触診の技術に関してかなり詳しく載っていますので参考にしながら触るとかなり技術が上がると思います。
是非手にとってほしい本です。
改定されてからカラーになってより解りやすくなっています。

骨格筋の形と触察法

created by Rinker
¥7,238(2021/04/19 17:49:23時点 Amazon調べ-詳細)
この本は非常に大きく高価ですがその分、非常に重要なことを知ることができます。
刺鍼した先の組織がどうなっているかカラー写真で解りやすく載っています。
筋膜組織などについて詳しく知りたい方にとってはこの本は非常に参考になると思います。
前項の触診の本と一緒に持っておくと勉強になることは多いですよ。
私はベッドサイドには常備している本になります。

適切な判断を導くための 整形外科徒手検査法−エビデンスに基づく評価精度と検査

鍼灸臨床にとらわれず臨床で重要なのは鑑別だと思っています。
その中で運動器疾患を診ることは多いと思います。
その中でこの本は理学テスト法のことについてまとめられているので是非持っていていい本だと思います。
特に卒後まもない先生にはおすすめです。

まとめ

今回は久しぶりにおすすめの本について書いてみました。

 

その他の分野でも書籍について知りたいことがありましたらコメントにでも書いていただけたらと思います。

最後までご覧くださりありがとうございました。

ツイッタ―はこちら

twitter

ブログの更新よりyoutubeの更新の方が早いので良ければチャンネル登録もよろしくお願いします。

杏鍼灸整骨院
杏鍼灸整骨院の公式Yotubeチャンネルです。 当院のチャンネルは鍼灸師をはじめとするセラピスト向けのWebセミナーのチャンネルです。 現在、筋肉別にトリガーポイント鍼治療、電気鍼、運動鍼の順に実技の紹介をしています。 それとは別に週に1本のテーピングの実技を紹介しています。 不定期で座学でトリガーポイントの理論...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました