肩甲挙筋の電気鍼!肩こりや寝違いに

電気鍼

今回は『肩甲挙筋の電気鍼治療』について書いていきたいと思います。

肩甲挙筋は肩凝りや寝違いなどに非常に関係している筋肉です。

その為施術ではよく刺鍼するポイントになります。

 

陣内
陣内

肩甲挙筋をしっかり狙って電気鍼を出来るようになると肩こりなどの施術でしっかり効果が出せるようになりますよ!

是非覚えましょう。

 

今回の内容

  • 肩甲挙筋の基礎解剖(起始停止)
  • 電気鍼の設定の基礎
  • 肩甲挙筋の電気鍼

最後まで宜しくお願いします。

 

肩甲挙筋の起始停止

起始
第1〜4頸椎の横突起
停止肩甲骨の上角
神経支配‎肩甲背神経(C3~C5)
作用肩甲骨の挙上、下方回旋
栄養血管肩甲背動脈

肩甲挙筋は上の図を見てもらったらわかるのですが捻じれがあるのがわかると思います。

この捻じれは起始部が上部の程肩甲骨の内側につき、下部になると肩甲骨の外側につくため作られます。

捻じれ部分は力学的に負担がかかるため、肩こりや寝違いを生じやすいと考えています。

電気鍼の設定

鎮痛のメカニズムは複雑です。

こちらの本では簡潔に説明されていますのでおススメです。

created by Rinker
¥1,980(2021/03/09 04:11:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

電気鍼をする場合さまざまな設定をしていくのですが、おおよそな目安として

低周波領域の電気鍼

急性期・・・・100Hzで筋収縮を起こさないように通電する

慢性期・・・・2Hzで筋収縮を起こすぐらいで通電する。βエンドルフィンに作用

筋ポンプを起こし循環をよくする・・・5Hz程度で通電する

 

MCR(マイクロカレント)での通電

急性期・・・200~400Hzで200~400μAで通電

慢性期・・・0.3Hz~3Hzで30μA程度の損傷電流ぐらいで通電

が私が行っている電気鍼の設定になります。

パルス幅になるとSD曲線を基本で設定をしていきます。

肩甲挙筋のコリがひどくある場合は5Hzで通電させ筋ポンプで筋中の血流をあげていきます。

また寝違えのようなときは、マイクロカレントで0.3Hzで30㎂などで通電します。

慢性痛の時は低周波領域で2Hzで通電させることが多いです。

肩甲挙筋の電気鍼

それでは刺入ポイントから説明していきます。

 

肩甲挙筋の刺入ポイント

電気鍼をする場合まず狙うところは運動点(モーターポイント)といわれる部位になります。

モーターポイント=神経が筋腹に侵入する部位および体表からの電気刺激で最も筋収縮が起こりやすい部位
肩甲挙筋は肩甲背神経の支配になります。肩甲背神経から分枝した神経が肩甲挙筋に侵入するところを狙っていきます。

肩甲挙筋の電気鍼

実際に鍼を刺している動画はこちらになります。

肩甲挙筋の電気鍼(パルス)鍼治療、肩こり、寝違え
陣内
陣内

実際に刺している動画なので是非ご覧になってください。

肩甲挙筋が収縮すると肩甲骨の上角が収縮するので確認しましょう。

しっかり触診が出来るようになると臨床力が挙がりますよ。

created by Rinker
¥5,980(2021/03/09 15:36:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回は肩甲挙筋の電気鍼について書いていきました。

肩甲挙筋は肩凝りには必須な筋肉ですのでしっかり狙って刺せるようにしましょうね。

陣内
陣内

しっかり臨床に落とし込めるようにしていきましょう。

最後までご覧くださりありがとうございました。

ブログの更新よりyoutubeの更新の方が早いので良ければチャンネル登録もよろしくお願いします。

杏鍼灸整骨院
月曜日、水曜日はテーピング動画 火曜日、木曜日は鍼灸動画 土曜日はセルフケアの動画をアップしていきます! 福岡県筑紫野市にある杏鍼灸整骨院です。 当院は数多くのアスリートを施術してきた実績があります。 そこで培ったテーピングなどのノウハウを動画で公開していきます。 少しでも故障で困るアスリートの手助けになればいい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました