肩の痛みに小円筋のトリガーポイント鍼治療!刺鍼法をご紹介

トリガーポイント鍼治療

こんにちは!鍼灸スキルアップ塾の陣内です。

今回は『小円筋のトリガーポイント鍼治療』について書いていきたいと思います。

小円筋について機能解剖もまとめておりますのでよければこちらも確認していただくと理解も早いと思います。

鍼灸、柔整師にみて欲しい!小円筋の機能解剖
こんにちは!鍼灸スキルアップ塾の陣内です。 今回の記事は筋肉別の鍼治療について深掘りをしていきたいと思います。 内容は ・小円筋について解剖学の教科書より臨床的に深掘りする ・ローテータカフの働き...

今回の記事は
小円筋の起始停止のおさらい
小円筋の関連痛領域
小円筋のトリガーポイントの好発部位
小円筋のトリガーポイント刺鍼法

になります。是非最後までご覧になってください!

陣内
陣内

小円筋はクアドリラテラルスペースを構成する筋肉です。この部分が悪くなることで自発痛の原因になります。

こういったケースの際トリガーポイントが形成されていることが少なくないです。

それでは学習していきましょう!

 

 

小円筋の起始停止

まず何をするにしても基礎解剖はとても大事な部分になります。

まずは確認をしていきましょう。

上のスライドでもあるように起始停止はこのようになります。もう少し詳しく表にまとめます。

起始
肩甲骨の外側縁近位2/3
停止上腕骨の大結節下面、関節包の後下方
神経支配腋窩神経(C5・C6)
作用肩関節の外旋、水平内転
栄養血管後上腕回旋動脈、肩甲回旋動脈

柔整や鍼灸のテキストではおおよそで大結節と記載されていますが、小円筋は下部、棘下筋は中部、棘上筋は上部になります。この辺の知識もアップデートをしていきましょう。

細かくは上記で紹介している記事に書いてあるのでわからない方は確認してみてくださいね。

小円筋の関連痛領域

小円筋の関連痛をご紹介します。

次のスライドを確認してください。

小円筋のトリガーポイントの関連痛は肩関節後面から外側(後面も小円筋の筋を中心に広がります)から肘関節後面の上腕三頭筋の筋の走行上に痛みが出やすいです。

 

痛みの特徴としては鈍くずぅーんとするような痛みが多いです。

また夜間、自発痛がある場合小円筋にトリガーポイントが形成されていることも多くしっかりとした触察が必要になります。

 

 

陣内
陣内

もちろん小円筋にTPが形成されて索状の硬結が形成され、筋が短縮しクアドリラテラルスペース内の後上腕回旋動脈と腋窩神経を圧迫して痛みや麻痺を起こしている時もあります。

しっかり鑑別が出来るようにしましょう。

 

 

 

 

 

小円筋のトリガーポイント好発部位

小円筋のトリガーポイントが形成されやすい部位は上のスライドで×をしているところです。

主に上腕骨の骨頭の下部で後下方の関節包あたりになります。

この部分を筋の走行に対し直角で指で切るようにしていきと索状の硬結が確認することができます。

イメージでいうとヌルヌルしたような感覚につま楊枝状の硬結があります。これを押圧したりつまんだりすることで認知覚が得られる場合もあります。

細かく触っていく事でわかってくると思います。

小円筋のトリガーポイントの刺鍼法

まず実際に鍼を刺している動画をご紹介していきます。

陣内
陣内

実際の流れを観ていただいた方がわかりやすいのでお時間がある場合は是非動画の方もご覧になってください。

 

ここからは静止画でもご紹介していきます。

小円筋の触察

何をするにしても大事なのはきちっと触れることです。肩が悪い方に様々な問診、スペシャルテストなどで鑑別した後、触って鍼を刺したところが小円筋ではなかったらなにも効果は得ることができません。

 

触診の技術はとても大事なものになります。

created by Rinker
¥6,270(2021/12/03 13:25:31時点 Amazon調べ-詳細)

小円筋の触診のポイントは起始部よりやや停止部よりに指をおきます。(これは起始部は大円筋が覆っているのでわかりにくい為です)

肩関節90°屈曲位で内外旋を繰り返します。90°屈曲位では外旋の主要筋肉は小円筋になります。この位置で同じく外旋筋の棘下筋は水平伸展がメインになりますので小円筋の収縮が顕著にわかります。

この位置で内旋をすると大円筋の収縮になりますので小円筋、大円筋の境もわかると思います。

小円筋がわかるとあとは筋走行に対して直角に切るように触っていくと索状硬結が触れると思います。

 

小円筋の刺鍼

トリガーポイントの刺鍼にはちょっとしたコツがあります。

下のスライドをみてください。

多くは一番左のように硬結を真上から直刺をすることが多いと思いますがやや斜めから刺鍼するのがオススメです。

この方が局所性の単収縮も起きやすいです。

是非臨床の中で実感してみてください。

刺鍼する場合はしっかり押手で硬結を離さないのがポイントです。押手で硬結を挟み込むようにロックしましょう。

その後斜めから刺すようにすれば局所性の単収縮や認知覚をともなった響きが起きますよ!

まとめ

今回は『小円筋のトリガーポイント鍼』についてまとめていきました。

小円筋は肩関節の中でも臨床上よくアプローチするところになります。是非普段の臨床にお役立てください。

最後までご覧くださりありがとうございました。

ツイッタ―はこちら

twitter

ブログの更新よりyoutubeの更新の方が早いので良ければチャンネル登録もよろしくお願いします。

杏鍼灸整骨院
杏鍼灸整骨院の公式Yotubeチャンネルです。 当院のチャンネルは鍼灸師をはじめとするセラピスト向けのWebセミナーのチャンネルです。 現在、筋肉別にトリガーポイント鍼治療、電気鍼、運動鍼の順に実技の紹介をしています。 それとは別に週に1本のテーピングの実技を紹介しています。 不定期で座学でトリガーポイントの理論...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました