肩関節障害に!小円筋の電気鍼、パルス療法

  • URLをコピーしました!

こんにちは!鍼灸スキルアップ塾の陣内です。

今回は『肩の障害に使える小円筋の電気鍼』についてまとめていきたいと思います。

小円筋は拘縮肩などでも問題になる事が多くアプローチをすることも多いです。深層では関節包に付くためインピンジメントの予防にも関係しています。筋収縮を促通するのは非常に重要です。

今回の記事は

・✓小円筋の起始停止
・✓小円筋のモーターポイント
・✓小円筋の電気鍼

になります。是非最後までご覧になってください。

小円筋について機能解剖もまとめておりますのでよければこちらも確認していただくと理解も早いと思います。

それでは学習をしていきましょう!!

目次

小円筋の起始停止

何をおいても解剖学の知識はバックボーンになります。

必ず学習しておくようにしましょう。

起始
肩甲骨の外側縁近位2/3
停止 上腕骨の大結節下面、関節包の後下方
神経支配 腋窩神経(C5・C6)
作用 肩関節の外旋、水平内転
栄養血管 後上腕回旋動脈、肩甲回旋動脈

小円筋のトリガーポイントの記事でもご紹介しているのと同じになりますが必ず覚えるようにしましょう。

もう少し理解を深めたかったら小円筋の機能解剖の記事を参照にしてください。起始停止を覚えておくと関節の角度によってどのような作用に変わるかイメージが付くようになります。

このイメージが施術や鑑別にも非常に重要になりますよ。

電気鍼の設定

created by Rinker
セイリン
¥63,580 (2023/09/28 03:53:39時点 Amazon調べ-詳細)

それでは電気鍼の設定をご紹介していきます。

設定は次の表を目安にしてみてください。

一次痛 二次痛
神経 Aδ線維 C線維
周波数 高頻度

100Hz以上

低頻度

1~30Hz程度

パルス幅 100μsec以下 100μsec以上
出力 我慢ができるくらい 筋収縮が起こるぐらい

これが基本的な設定の考えでいいと思います。

受容器もまた考えるといいと思います。

受容体 μ受容体 δ受容体 κ受容体
周波数 2Hz 2Hz/15Hz 100Hz
内因性オピオイド βエンドルフィン エンケファリン ダイノフルフィン
created by Rinker
¥5,280 (2023/09/27 16:57:49時点 Amazon調べ-詳細)

この事から考えて私は慢性痛の場合は2Hz~15Hzのスウィープで刺激することも多いです。

また筋緊張が強いときなどは5Hzなどでパルス幅を少なくして筋疲労を起こさない様にしながら筋の収縮をおこして筋の弛緩をはかったりします。

同じ小円筋の電気鍼でも設定を変えることにより効果を変えることができます。

電気のイメージをして設定を出来るようになりましょう。

小円筋の電気鍼の刺鍼

実際に鍼をして電気を流している動画はこちらになります。

実際の流れなどもありますのでお時間がある場合は是非動画もご覧になってください。

小円筋の触診

まず刺鍼するのに必要なのは正しい触診です。

鍼をするのに触診が出来ていなかったら正しい施術効果は得られませんし、再現性がなくなります。大事なのは正しく触れることです。この技術は毎日研鑽するようにしましょう。

一生の宝になりますよ。

created by Rinker
¥1,760 (2023/09/27 20:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

小円筋の電気鍼

小円筋は腋窩神経の支配を受けている筋肉で神経が侵入する部分を『モーターポイント』といいます。

電気鍼をする場合このモーターポイントを狙うとしっかり筋収縮を促すことができます。腋窩神経侵入部は上腕骨骨頭の下方あたりに侵入するので目安として頭に入れるようにしましょう。

このような形になります。

一点は上腕骨の骨頭の下方に刺鍼してもう一点は肩甲骨の外側縁あたりに鍼を刺鍼する事が多いです。

しっかり収縮すると肩関節前面の大結節あたりまで収縮する感じがちゃんと触知することができますよ。

電気鍼のいいところは刺鍼した筋肉が確認がちゃんととれるところもありますよ。

まとめ

今回は『小円筋の電気鍼』についてまとめていきました。

小円筋は肩関節の中でも臨床上よくアプローチするところになります。是非普段の臨床にお役立てください。

最後までご覧くださりありがとうございました。

ツイッタ―はこちら

twitter

ブログの更新よりyoutubeの更新の方が早いので良ければチャンネル登録もよろしくお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCoe7aFT4bb58pCjWbsVLZJA

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次