棘下筋の運動鍼

トリガーポイント鍼治療

こんにちは!鍼灸スキルアップ塾の陣内です。

今回は『棘下筋の運動鍼療』について書いていきたいと思います。

運動鍼シリーズも今回で15回目になります。

他のシリーズは最後の方にご紹介していきますね。

陣内
陣内

運動鍼は知らない方は非常に不安に思われるかもしれませんが、きちんと行えば痛みもなく効果も再現性の高いやり方になります。

ビギナーの方に向けての記事なりますが、鍼灸師になりたての先生にこそ運動鍼を知っていただきたいです!

 

それでは最後までよろしくおねがいします!!!

では学習していきましょう。

 

そもそも運動鍼って!?

運動鍼の記事を書くのも久しぶりになりますので運動鍼についても書いていきます。

運動鍼とは鍼をしたまま動かす方法

 

です。

これだけじゃなかなかわらないですよね!?

でも実際定義としては多分これぐらいしかないのが実情です。

しかも鍼をしたまま体を動かすことに忌避感があるかたも多いと思います。

「だって痛そうじゃん」って声が聞こえてきそうですw

実際セミナーやyoutube、twitterなどの質問で多いのが

「痛くはないか?」
「鍼は折れないか?」
「組織損傷はおこさないか?」

だいたいこの三つになります。

私は運動鍼はやり方によっては上記三つはクリアできると思っています。

どれもリスク的には他の鍼治療と変わらないものだと思っています。

ですので是非普段の臨床にお役立てればなと思います。

棘下筋の起始停止

まず何をするにも基礎解剖を知っておくのは必要になります。

起始
肩甲骨棘下窩・棘下筋膜の内面
停止上腕骨大結節上部の後小面
神経支配‎肩甲上神経(C5・C6)
作用肩関節の外旋、内転
栄養血管肩甲上動脈

このあたりは棘下筋のトリガーポイント棘下筋の電気鍼でご紹介しているので今回はサラッと起始停止、走行程度を頭に入れておくようにしてください。

 

今回大事になってくるのは、制限因子です。

棘下筋の動きで制限がかかるのは筋の走行によって変わります。棘下筋は走行により横行線維(上部線維)と斜走線維(下行線維)に分けられます。

これらの筋が固くなることにより関節運動に制限がかかるようになっていきます。

簡単に分けると次のようになります。

横走線維は1st内旋制限
斜走線維は2nd内旋、水平屈曲制限

これらはあくまで目安の一つで肩関節は自由度が高いので1st、2edの間で制限が最大にかかることなんてのもあります。

臨機応変で走行をイメージしてどこが問題か考えてアプローチをするのがいいと思います。

陣内
陣内

基礎知識がなく挑むことは無謀ですが、基礎に囚われすぎると自由がなくなります。

臨床は素直な問題なことのほうが少ないので基礎を持って自由なイメージを持つのが肝要かと思います。

 

【送料無料】 肩関節拘縮の評価と運動療法 / 赤羽根良和 【本】

棘下筋の運動鍼の実技

では実際に刺鍼している動画をご紹介します。

棘下筋の運動鍼、肩関節障害に
陣内
陣内

鍼の流れ、関節の動かし方、刺鍼のポジションの取り方もありますのでお時間がある方は是非動画などもご覧になってください。

 

まず棘下筋の横走線維に鍼を刺入していきます。

このときに少しストレッチのように伸展刺激を筋に加えながら刺入をしていきます。響きがあるぐらいまで刺入するのがポイントです。

このとき横走線維は外転90°、屈曲90°では水平伸展の制限因子になるので刺鍼して響かせたら引き抜いて、鍼尖が皮下にとどまるようにします。

皮下にある限りは動かしても筋組織を損傷することは少ないと思います。

 

引き抜いた状態から肩を動かします。

棘下筋ぶが一番ストレッチが出来る方向に伸ばしていきましょう。

最大伸展位(一番突っ張る感じが出るところ)でもう一度刺入をして響かせます。

 

この繰り返しで肩関節の可動域を少しづつ広げていく事ができます。

まとめ

今回は『棘下筋の運動鍼療』について書いていきました。

運動鍼は施術の最後にすると効果が高く患者さん自身にも効果を実感してもらいやすいです。

再現性もかなり高いですよ!

是非普段の臨床にお役立てください。

最後までご覧くださりありがとうございました。

ツイッタ―はこちら

twitter

ブログの更新よりyoutubeの更新の方が早いので良ければチャンネル登録もよろしくお願いします。

杏鍼灸整骨院
杏鍼灸整骨院の公式Yotubeチャンネルです。 当院のチャンネルは鍼灸師をはじめとするセラピスト向けのWebセミナーのチャンネルです。 現在、筋肉別にトリガーポイント鍼治療、電気鍼、運動鍼の順に実技の紹介をしています。 それとは別に週に1本のテーピングの実技を紹介しています。 不定期で座学でトリガーポイントの理論...

運動鍼シリーズ

第1弾『首の運動鍼』
https://sinkyu-skillup-jyuku.com/acupuncture/post-88/

第2弾『シンスプリントの運動鍼』
https://sinkyu-skillup-jyuku.com/acupuncture/post-186/

第3弾『股関節の運動鍼』
https://sinkyu-skillup-jyuku.com/acupuncture/post-458/

第4弾
『ハムストリングの運動鍼』
https://sinkyu-skillup-jyuku.com/acupuncture/hamstring-484/

第5弾
『膝の痛みの運動鍼』

膝の痛みの運動鍼療法|変形性膝関節症などの鍼治療
今回は運動鍼についての第5弾『膝の痛みの運動鍼』です。 過去の運動鍼の記事はこちらになります。 あわせてどうぞ! 第1弾『首の運動鍼』 第2弾『シンスプリントの運動鍼』 第3弾『股関節の...

第6弾
『腰の運動鍼』

腰の運動鍼|ギックリ腰などの一手におすすめ
今回は運動鍼についての第6弾『腰の痛みの運動鍼』です。 過去の運動鍼の記事はこちらになります。 あわせてどうぞ! 第1弾『首の運動鍼』 第2弾『シンスプリントの運動鍼』 第3弾『股関節の...

第7弾
『手首の運動鍼』

手首の腱鞘炎の運動鍼|リスクの少なく再現性の高い鍼治療
今回は運動鍼についての第7弾『手首の腱鞘炎の運動鍼』です。 過去の運動鍼の記事はこちらになります。 あわせてどうぞ! 第1弾『首の運動鍼』 第2弾『シンスプリントの運動鍼』 第3弾『股関...

第8弾
『足首の運動鍼』

足首の捻挫の運動鍼!背屈制限を改善
今回は運動鍼についての記事第8弾『足首の捻挫の運動鍼』です。 足首の捻挫はスポーツ外傷において一番受傷頻度が高いといわれています。 日常生活でも外傷の中でも一番多いといわれています。 陣内 そ...

第9弾
『内側上顆炎の運動鍼』

内側上顆炎の運動鍼療法|野球肘などに使える運動鍼
今回は運動鍼についての第9弾『内側上顆炎(野球肘)の運動鍼』です。 内側上顆炎はオーバーヘッドスローイング動作を行うスポーツではよく起こるスポーツ障害です。 置鍼だけではなかなか効果が出ないときや、特有の動きだけ痛みが残...

第10弾
『腰の回旋をだしたい時の運動鍼|腰痛や動きのキレに鍼治療』

腰の回旋をだしたい時の運動鍼|腰痛や動きのキレに鍼治療
今回は運動鍼についての第10弾『腰の回旋をだしたい時の運動鍼』です。 運動鍼シリーズも10回目になります。 今までの運動鍼シリーズのご紹介は一番下に載せますので宜しくお願いします。 どちらかというと運動鍼ビギナー記...

第11弾
『運動鍼のやり方!上腕二頭筋長頭腱炎編』

運動鍼のやり方!上腕二頭筋長頭腱炎編
今回は運動鍼についての第11弾『上腕二頭筋長頭腱炎の運動鍼』です。 運動鍼シリーズも11回目になります。 今までの運動鍼シリーズのご紹介は一番下に載せますので宜しくお願いします。 どちらかというと運動鍼ビギナー記事...

第12弾
『運動鍼のやり方!鵞足炎などに使える運動鍼』

鵞足炎などに使える運動鍼!膝の内側の痛みに
こんにちは!鍼灸スキルアップ塾の陣内です。 今回は運動鍼についての第12弾『鵞足炎などに使える運動鍼』です。 運動鍼シリーズも12回目になります。 今までの運動鍼シリーズのご紹介は一番下に載せますので宜しくお願いし...

第13弾
『アキレス腱炎の運動鍼|痛みをとる鍼治療』

アキレス腱炎の運動鍼|痛みをとる鍼治療
こんにちは!鍼灸スキルアップ塾の陣内です。 今回は運動鍼についての第13弾『アキレス腱炎の運動鍼』です。 運動鍼シリーズも13回目になります。 今までの運動鍼シリーズのご紹介は一番下に載せますので宜しくお願いします...

第14弾
『肩関節の外旋障害の運動鍼』
https://sinkyu-skillup-jyuku.com/acupuncture/post-1182/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました